サウンド・デザイナーは
  毎月9日発売です。


今週号の読者プレゼント

ミュージシャンの部屋

新製品紹介

デモテープ募集

ご意見・お問い合わせ

バックナンバー

過去の特集記事一覧

定期購読

LINK

スタッフ募集

メールマガジン

ツイッター



2010年3月号
Contents

ダビングでの「音作り」、「フレーズ」、「ミックス」のテクを徹底解説!
これが正解! ギターのうまい重ね方

 ステージでの生演奏とレコーディング作品の最大の相違点は、「ギターの重ね方」にある。というのも、ライブならではの観衆を飲み込むような迫力のサウンドを宅録で再現するには、幾重にもギターを重ねることが不可欠だからだ。また、複数のギターを巧みに絡み合わせるフレーズ作りは、レコーディングにおけるギターアレンジの醍醐味だ。そこで今回の特集では、「音作り」、「フレーズ」、「MIX」という3つの視点から、宅録でできるギターのオーバーダビングテクニックを、初歩の初歩から研究してみた。各テクニックは、サウンド・デザイナーのウェブサイトで試聴できるので、見て聴いて弾いて、プロのワザを身に付けていってほしい!
 
 

▼以下のページは、音源が試聴できます

P.36-45


2010年2月8日更新
このホームページの写真及び記事の無断使用は堅くお断りいたします。
Copyright (c) 2010 SOUND DESIGNER. All Rights Reserved.